腸内環境が悪いと人生が悪くなる

こんばんは!たじです。

今日は若くいられる方法をお話しします。

リオのスタッフみんなこれを意識してる!

若くいるには?

大事なのは、内臓です。

内臓の中でも最も重要なのは、腸。

『ちょう』

今までの生活の中で腸を意識したことありますか?

僕はなかったです。笑

腸の長さはなんと8.5m!

僕たちの身体の中には8.5mの管が入ってるんですよ!驚きじゃないですか?

腸の種類は大きく分けて2つ。

『小腸』と『大腸』です。

その中でも重要なのが小腸。

なぜ重要なのかというと、僕たちが食べた物の栄養を吸収してくれるからです。

小腸は長さが6mでこの長さでゆっくり時間をかけ吸収していきます。

腸が元気じゃないと身体は元気にならない

よくお腹を壊す人、便秘気味な人。

これは腸の調子が悪いことを意味しています。

腸はすごく繊細で少しの事で影響を受けます。

外からの刺激にも繊細ですが、身体の内側からも影響を受けます。

例えば、裸のまま寝てしまってお腹を壊すとか。これ外側からの影響です。

大事な試合の前に緊張してお腹が痛くなる。これが内側からの影響。

ダメージをどちらからも受けるのが腸なんです。

で腸が元気じゃないと、身体全てに悪影響を及ぼします。

身体の内側から壊れるイメージです。

車でもそうですよね。

いくらボディーがカッコよくてもエンジンがダメだと、全く使い物になりません。

身体も一緒。筋肉をつけたって腸がボロボロだと使い物になりません。

交換はできない

車だと、エンジンオイルを入れ替えたり、エンジンを付け替えたりするとまた元気に走り出せます。

しかし、身体はそんなわけにはいかないですよね。

だから、常に自分のエンジン部分。腸をメンテナンスしないといけないです。

腸のメンテナンス

といっても何をすれば良いのかわからないですよね?

簡単です。

身体にとって必要な栄養を食べ物で摂ること。

その中でも最も重要なのが、酵素です。

生きるなかで1番大切なものが酵素なんです。

食事して吸収・消化・排泄の工程がありますが、全て酵素が必要です。

しかし、現代の食生活では酵素が不足しています。

だから僕たちは手作りの酵素を飲んでいます。

できることから始めよう

まずは腸を元気にする。

元気にするには、身体に良い食生活。

腸が元気になれば、身体もそして心、マインドも安定してきます。

そうすればみんなハッピーです♪

みんなで健康ライフ目指していきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です