みんなが不愉快になる問題

こんばんは!たじです。

今日は僕が毎日行く『総湯』について。

みなさんにも考えてほしいことです。

どうすればみんな幸せハッピーになるのか??

総湯の問題〜営業時間〜

総湯の営業時間は6:00~22:00なんですよね。

で問題は22:00の終了時間。

どんな問題かというと。

総湯の建物から22:00までに必ず出ないといけない。

施設としては、なんとしも22:00には掃除をスタートしたい。

だからこの終了時間に対して番台の人がめちゃくちゃ厳しい。笑

21:50になると『もう出てよー!』みたいな感じで追い込まれるんですよね。

地元の人

常連の地元民はもう言われなれているので普通です。

みんな22:00には出て行こうとパーっと準備します。

でも…

初めてのお客さん

初めて山代温泉に入る観光客の人だとびっくりです。

『なんやこれっ!めっちゃ言われるやん。怖っ!』って

それくらい強烈に言われる。笑

『もうここ来たくないな〜』って思われても不思議じゃないくらい。

僕はめっちゃ残念に思ってます。

多分決まってる

番台の人も言いたくないけど、掃除とかその後の段取りがあるから言わされていて大変です。

お客さんは強く言われて、せっかく気持ちよくお風呂に入っていたのに不愉快。

誰も徳をしていません。

これが問題。

これがどうすれば両者幸せになるか?

どうすれば両者幸せか?

22:00に「出て行って!」という番台の人も言いたくないけど、言わされている。

これが問題と考えました。

なんで僕の解決方法は至ってシンプル。

【22:00には掃除が始まります。22:00までにお上がり下さい。】

ってどこかに書くだけ。

今の伝統で常連の人は言われなくても22:00までに出ていきます。

なので問題は観光客や初めて総湯に入る人だけ。

僕は県外から来たので感覚が分かります。き

っと初めて入る人、県外の人はこの感覚のはず。

6:00~22:00までとなっていたら、『22:00までに入館すればいいんだな。』

こんな風に思っていると、22:00過ぎてもゆっくりしてしまいます。

だから入り口に22:00から掃除が始ります。と書くだけ。

これで問題は解決します。

あとは地元の人の力を借りる

僕ほぼ毎日最後らへんのお客さんになります。

なので最後らへんになる人の常連が分かります。

みんな基本的に、早めに出ます。

その地元の最後の方の常連さんに『ここ、22:00までに出ないとやからね!』と協力してもらう。

そうすれば、みんな気持ちよくお風呂に入って気持ちよく帰れます。

番台の人もガミガミ言う必要がなくなります。

こんな風にみんなで良い環境を作っていくのがおもしろいですね。

さぁ今日も気持ちの良いお風呂入ろ。

それではっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です