加賀の魅力スポット『山代温泉総湯・古総湯』2つの温泉

今日は加賀温泉の1つ『山代温泉総湯・古総湯』について熱く語っていきます!

これを読んだあなたはきっと、加賀行きたい!!ってなるはず!

そう思ってもらえるように語っていきますね!笑

以前書いた、ブログも良かった読んでね。

総湯・古総湯

山代温泉といえば、総湯と古総湯。

入浴施設が2つに分かれています。

こちらが総湯

そして、古総湯

えっ!何が違うん!?なんかオシャレ。

総湯に入ってみよう

入り口をくぐると銭湯みたいな感じ。

いらっしゃいませ〜と番台の方が元気に出迎えてくれます。

券売機で入浴券を購入。大人460円

※中人(6歳以上12歳未満)130円、小人(3歳以上6歳未満)50円、3歳未満無料

なんや安っ!!おじゃましま〜す。

脱衣所は、いたって普通。

ん?普通??あれロッカーの扉がない!!財布どうしよう。

そう。

脱衣所のロッカーは扉がないので、貴重品は入り口前の鍵付きロッカーへ

(総湯豆知識)

できた当初は鍵付きの扉あったみたいなのですが、地元の方が毎日来るので『自分だけのロッカー』って鍵を持って帰ってたみたいなんですよね。

それでやむを得ず、ロッカーの扉を取るしかなかったとか…残念な話です。

ちなみに、女子ロッカーは鍵付きの扉がついているんだそう。マナーが良いんですね。あ〜男ってバカな生き物。笑

そして浴室へ入ると浴槽が2つ。

なんか壁に綺麗なのあるね!

そうそう!これは九谷焼のタイルでいろんな模様が描かれてるよ。

浴槽はこれまた普通。

はっはっは。
普通と思うだろ、とりあえず入ってみたまえ
!?熱っっつ!!なんじゃこれ

そう、1つは普通。

ですが、もう1つの浴槽はやたらと熱いっっ!!

一体、設定温度は何度!?て感じ。

50℃くらいあるんじゃないかな?

初めて入る人はなかなか入れないのでご注意。挑戦したい方は挑戦してみて。

あと、実はもう一つクセがあって…

あれ、今日熱くない。

なんて日も。

日によって設定温度が違うのかな?

さぁ身体を洗おう!あれ、シャンプーどこ?

そうこれが銭湯スタイル!!

加賀市内総湯の全て、シャンプー、ボディーソープなどの備え付けはありません。

※番台で小さいシャンプーなど購入できるので安心ください。1つ120円とかだったかな?

あ〜気持ちよかった!やっぱり温泉最高やね!ところで山代温泉泉質はどんな感じなの?どんな効果があるの?

泉質・効果

温度にはクセがありますが、泉質には驚くほどクセがありません。

温泉独特の硫黄臭さがなく、無臭です。

アルカリ性で入っても肌への刺激はありません。

肌触りがよく、あがった後も全くベタつくことはありません。

効能としては、筋肉の緊張をほぐし、腰痛、関節痛、自律神経の安定、不眠症改善、うつ病の改善などさまざまな効果が期待できます。

詳しくはこちらご覧ください。

のちのち山中温泉、片山津温泉も紹介しますが、加賀市内3つの温泉の中で1番入りやすい温泉です。

ほんとにクセのない、誰でも入りやすい温泉。

あ、ちなみにこれ源泉掛け流し??

気になるポイント

残念ながら、源泉掛け流しではありません。

しかし、加水はしておらず源泉100%です!※加温はしています。

しかもなんとお湯も、毎日お湯を抜いて清掃後、新しいお湯をはってくれています。

毎朝新鮮な新しいお湯です!

もぉ〜源泉掛け流しじゃないからってバカにしたでしょ??

古総湯

ここで登場!古総湯。

存在忘れていたでしょ?

なんと古総湯は100%源泉掛け流し!!!

なんだ!それはすごい!!

ありがとうございます。

じゃあ、総湯との違いは源泉掛け流しかどうかだけ?

違うんですよ!!

古総湯は昔ながらの入浴方法で【湯あみ】と呼ばれるお湯に浸かるだけの入浴方式なんです。

時代は明治時代。

その当時の外観や内装だけでなく入浴方法まで再現しているんです。

なので、シャワーや洗うところがそもそもありません。

※シャンプーやボディソープの使用自体不可。

ただただ、良いお湯に浸かる。

これがまた最高に幸せです。

た、たまらん

写真をね。

いっぱい載せたいんですが、載せると実際に来た時の感動が薄れると思うのでここでは載せません!笑

古総湯は県外から来た方には、絶対に入ってもらいたい温泉です。

僕は好きなのは、古総湯のステンドグラス。

色鮮やかなステンドグラスが見る人の心を癒してくれます。

めちゃくちゃ綺麗です。

最高の贅沢を

いや〜古総湯も最高やね。
大満足やわ。

ちょっと待ったーーー!!

まだあります!!

そう!古総湯の2階

休憩室になっているのですが、ここが最高の贅沢スポットです。

風がスーッつと吹き抜けて、火照った身体を涼ませてくれます。

山代の街を眺めることもできますよ!

まとめ

山代温泉総湯、古総湯の2つの温泉を紹介してきました。

きっと初めて知った方もいるんじゃないかと思います。

まだ、山代温泉で語れることあるのですが、今日は温泉編で終了です。

めっちゃおすすめスポットです。

おすすめパターンとして、総湯で身体を洗った後、古総湯で湯あみする。

これが山代温泉の楽しみ方です。

古総湯との共通料金
大人(12歳以上)700円 中人(6歳以上 12歳未満)250円  小人(3歳以上6歳未満)120円 3歳未満無料

次回は、これまた最高な温泉。

山の中、山中温泉についてお話していきます。

それでは明日も楽しんで生きましょう!

山代温泉総湯・古総湯案内

山代温泉HP

加賀の魅力スポット『山代温泉総湯・古総湯』2つの温泉” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です