昔々あるところに…

こんばんは!たじです。

このブログが98回目。

いよいよ100回に到達しそうです。

100回に到達したとしても、ブログは書き続けます。

ブログを書いていると自分の脳が整理され、考えていることや、勉強していることが定着します。

自分の言葉になっていく感じです。

さて、今日はYouTubeを見て学んだこと。

何を見たかというと『中田敦彦 YouTube大学』そこですごくためになったお話。

話をするのが苦手

関西に住んでいると、他の県に行った時に言われるのが

「関西人なんやったらもっとおもろいと思った」

がーーーーーん

『いや、ちょっと待って、ブラジル人やからって全員サッカー巧いと思うか?』って話。

これ僕にとってすごいプレッシャーでした。

話し方

でもだからといって、話をすることからは逃げられません。

だって人と関わることが好きだから。

人と関わろうと思ったら、話をしないという選択肢はないですよね。

だから僕は話し方、伝え方を勉強する必要があるんです。

子どもは残酷

子ども達の前でも同じ。

子どもは素直なので、めっちゃ鍛えられます。

おもんなかったら、話も聞いてくれんし、おもんなって言います。笑

今関わらせてもらってる、1.2年生は特に素直やし、面白くなったら話も聞いてくれません。

練習がカオス状態になります。笑

(怒って子どもたちが聞いてる風の空気を演出するのは簡単ですよ)

いかに、子ども達が自分から聞きたくなるように話をするのか!?

これがテーマですね。

そこで出会ったのが、中田敦彦YouTube大学の【ストーリーの使い方編】

【ストーリーの伝え方①】心に刺さる物語を制する者は人生を制する

【ストーリーの伝え方②】効果的な4種類のストーリーを使い分ける

これが面白かった!

結論:ストーリー作る

とにかく、ストーリーを話すこと。

例えば

「みんな人にパンチしたり、悪口言ったりいじめはあかんで。

いじめた方は悪いし、いじめられた人は悲しいしそんな人になったらあかんで!!」

って伝えるのと、

「昔、そうやな〜コーチが小学校2年生みんなと同じ年の時、コーチもサッカーを始めてん。でも初めてやるからめっちゃ下手くそやん?

やから周りの子からバカにされて、いじめられてんな。
でもそんなある時、竹永君が

『下手くそ!って言うやつなんてほっとけ、俺と練習しようぜ!』って声かけてくれて、助けてくれてん!」

みんな、どっちの人になりたい?

こんな風に情報を伝えるのと、物語から伝えるのとでは全然違います。

子ども達が、『えっ、コーチいじめられてたん?ほんで?ほんで?』て前のめりで聞いてくれます。

これが大切。

そのほかに

その他にもいくつかテクニックがありました。

ぜひ気になる方はご覧ください。

今は、無料でなんでも学べる時代です。

新しい知識を入れるのはめちゃくちゃ楽しいです。

何か良いものあったらまたおすすめしますね!

それではっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です