スポーツドリンクの恐怖〜part2〜

こんばんは!たじです。

今日は前回に引き続きみんな大好きスポーツ飲料の恐怖です。笑

僕が飲むのを絶対におすすめしない理由

2つ目の紹介

人工甘味料という悪魔のスパイス

これが超身体に悪いです。

身体の機能を破壊するスパイス。

説明しますね。

スクラローーーーース!!!!

で、でた!呪文!

すみません。すみません。

ハリーポッターの呪文みたいなの出してしまいました。

大丈夫、守護霊は出てきせん

(それエクスペクトパトローナムね)

簡単にいうとこれが人口甘味料です。

そう!字の通り、人口的に甘い味を出せる食品添加物です

人口甘味料の種類

スクラロース以外にもサッカリンやアスパルテームなどその他にもいろいろあります。

数年前からのダイエットブームもあり、低カロリー商品が売れる時代には持ってこいの添加物。

その仕組みは、なんとカロリー0で甘みを生み出せるんです。

「カロリー0なのに、甘くて美味しい〜太らないし魔法の飲み物ね〜」

って飲んでませんか?

ゼロカロリー〇〇〇〇アス、大人ならゼロカロリーチューハイとか。

まさに魔法の添加物。

だからハリーポッターの世界で出てきてもおかしくないんですよ。

なんで0カロリーで甘いの?

スクラロースの甘さはなんと砂糖の600倍。

甘さもすごいですが、驚きなのは有機塩素化合物の一種であること。

と言ってもわからないと思うので簡単に説明すると、農薬と同じ毒性物質の代表格なのです。

激しい運動をおこなった後にこのスクラロースを摂取した場合どうなりそうですか?

身体にどのような影響を及ぼすのか、イメージしたとしても飲みたくなりますか?

今回は特に危険だと思うスクラロース(人工甘味料)についてお話ししてきました。

もちろん僕は、同じく人口甘味料のサッカリンやアスパルテームの入ったものも避けています。

なので基本的にジュースは飲みません。

これがスポーツ飲料を飲むことをおすすめしない理由2つ目でした。

まとめ

スクラロースやサッカリン、アスパルテームは人工甘味料で人工的に甘さを作り出している。

スクラロースは有機塩素化合物で農薬を飲んでいるようなもの。

だから僕は飲まない。

さぁ知るも知らないもあなた次第。

知ったからには、できることをやっていきましょう。

それでは明日も健康に楽しんで生きましょう。

スポーツドリンクの恐怖〜part2〜” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です