お菓子の油はおかしな油〜食べるなキケン〜

こんばんは!たじです。

今日はトランス脂肪酸の油について。

あなたは油には種類があるとご存知ですか?

身体に悪い油と良い油の二種類が存在します。

油の種類

あなたはオメガ3とオメガ6という単語ご存知ですか?

最近CMでも言ってたりするので聞いたことある方もいるかもしれませんね。

このオメガ3とオメガ6の食品をバランスよく取ることで体内のバランスが整います。

例えば、筋肉つける為に肉めっちゃ食うぞ〜って毎食肉肉肉

と食べてたら身体はどうなりそうですか?

バグりそうですよね。

何事もバランスが大切です。

そのバランスの部分で重要なのがオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸なんです。

トランス脂肪酸

このトランス脂肪酸がオメガ6の要素を持っています。

オメガ6というのはいわゆるアクセル型。

オメガ3はブレーキ型と言われています。

この2つがシーソーの様にバランスをとっています。

イメージは、オメガ6が身体の中の炎症を起こし、オメガ3が沈めたりなど体内の様々な反応をコントロールしている感じです。

オメガ6の食品をたくさん摂ることで身体の中はアクセル全開状態。

暴走していきます。それが現代の食生活。

現代の食事ではこのオメガ6の食品を取りやすくなっています。

そうトランス脂肪酸を含んだ食事。

菓子パン、焼き菓子、スナック菓子、〇〇タードーナツとかですね

トランス脂肪酸の含んだ食品の種類については前ブログ【トランス脂肪酸について】で語っています。

エンジン全開!

アクセル型の食事をたくさん取ることで感情がコントロールできなくなって、いきなりキレてしてしまうわけです。

わかりやすいですよね。

ブレーキをかけようにもその食事が足りていないので、コントロールできない状態なんですよね。

ブレーキが重要

ではオメガ3はどうやって摂るんだ?となりますよね。

それについては次回のブログで話していきます。

正直、現代の食事ではこのオメガ3を取るのが非常に難しくなっています。

でも、次回のブログを見れば摂れるようにになります

まとめ

①オメガ6の要素はトランス脂肪酸が持っている

②身体はオメガ6とオメガ3でシーソーのようにバランスを取っている

③現代の食事ではオメガ6の要素を持つ食事に偏っている

それでは、明日も楽しんで生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です