海外では禁止!スナック菓子の中身

こんばんは!たじです。

今日はトランス脂肪酸が身体に与える影響についてです。

前回のブログではトランス脂肪酸はなにかについてお話ししていきました。

今回はトランス脂肪酸が実際、身体にどんな影響を与えるかについてです。

結論

特に人間の大切な脳に多大なる影響を与えてきます。

1番影響を受けるのが脳です。

なぜなら

脳は身体の中で最も油の多い臓器だからです。

だから特に影響が現れます。

最近よく言われているいきなりキレる子どもや、感情のコントロールできない子ども。

おかしな行動とるようになる人などこのトランス脂肪酸が影響を与えていると言われています。

脳なので記憶力の低下やボーッとするなど注意不足の欠如などの影響を出ています。

その他

はっきりと結果が出ているのが、心筋梗塞など冠動脈疾患が増加しているということ。

その他にも肥満、アレルギー性疾患も増えると認めらています。

生活習慣病などもこのトランス脂肪酸の影響が大きいと言われています。

僕も花粉症だったのですが、まさか花粉症などアレルギーが食品のせいなどと気がつかないし、誰も教えてくれません。

1番影響を与えるのが脳と言いながら、トランス脂肪酸は取り続けると身体の全てに悪影響与えると言うことです。

何で?

僕はこれを調べた時に思いました。

なんでここまではっきりと悪い影響が出ることが分かっているのに、日本では規制されないのか?

それは農林水産省、厚生労働省のHPにもはっきりと書かれています。

海外ではこのトランス脂肪酸の摂取量が多い人がたくさんいるので規制がされている。

一方、日本ではまだこのトランス脂肪酸の1人あたりの摂取量は全体的に見て少ないので規制しなくても良いと。

いやいや、ちょっと待てと。

それは全体的に見ての話なわけで、例えば

ドーナッツが好きな人が、なにも知らずにドーナッツをたくさん食べ続ければ、病気になって

後から

「あ〜それはトランス脂肪酸の取りすぎですね〜」

みたいな話が出てくるだろうって。

自分で情報を取る

だけど、この情報は調べないとわからない。

国はわざわざ教えてくれないんですね。

きっとブログを見てくれて初めて知ったという人もいると思います。

結局、自分で情報を掴まないと、国に頼っているととんでもないことになる。

知っていれば、防ぐことができるのに、知らないから防げない。

それって残念すぎます。

だからしっかりと知識を得て、自分で食べるものを決めて行ってほしい。

特に子どもがいるお母さんたちに知ってほしい。

本当にSNSとかでいつも子どもとお菓子が写っている写真とか見ると思う。

リスクを承知で与えてる?と。

まとめ

トランス脂肪酸によって様々な悪影響が身体、脳に起こっています。

知ることで防げることはたくさんあります。

あなたもぜひ考えて今後の食生活にいかしてください。

では次回は、トランス脂肪酸の正体について話していきます。

トランス脂肪酸とは油です。

油にも種類があるのでそれについての話になります。

それでは明日も楽しんで生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です