RYT200-3日目

こんばんは!たじです。

今日は3日目に学んだことお話ししていきます。

毎日盛りだくさんで頭いっぱいです。

楽しんでいます!

今日はPrabhuYogaで学んだ良い身体を作る仕組みついてのお話し。

2日目、1日目のお話しはこちらから

1日目 2日目

身体には段階がある

例えば、いきなりポーズを取ると身体が壊れます。

スポンジに水分を含ませて、凍らせればカチカチのスポンジになります。

そのスポンジをいきなり、曲げるとバキッと折れます。

身体も一緒です。

カチカチの身体を急に無理に曲げると、怪我をします。

First Step

まず、やることはなんでしょう?

カチカチのスポンジを緩めることですね。

どうすれば、カチカチから緩んでいくのか?

温めます。

身体も同じです。

カチカチの身体を緩めなければいけません。

その為の、優しい動きが必要です。

この時に注意しなければならないのが、緩めすぎないこと。

スポンジもそうでね。

急に温めるとボロボロになってちぎれます。脆くなりますよね。

身体もです。

緩めに緩めると、負荷がかかった時に全く耐えられない身体になります。

Two Step

緩めたら、次は強化します。

緩いままだと、負荷がかかった時に耐えられないですからね。

ここはスポンジとは少し違います。スポンジは強化することはできないからですね。

でも、身体は強化できます。

緩めて強化していく。

これが重要です。

ここまで読んだ方なら理解できると思いますが、緩めずに強化するとどうなるでしょう?

そう、身体が壊れます。

柔軟性がない状態で身体に負荷をかけると身体が壊れるんですね。

でも、これ普段のトレーニングでやりがちです。

普通のヨガでもやりがちです。

Three Step

緩めて、強化して終わりかと思いきや違います。

普通はここで終わりますよね。

違います。

そこで伸ばします。

緩めて、強化して伸ばす。

そうすることで、しなやかな身体になります。

緩めて、強化するだけだと、硬い身体。

見た目も中身も硬い身体です。

野菜で例えると、大根。

ここにストレッチを入れて、しなやかな身体にしていきます。

Body Tone

そうすることで、筋肉が締まって良い身体になります。

PrabhuYogaではこれをやっていきます。

しかし、緩ませる、強化する、伸ばす。

これが1つの身体だからと言って全てがそうなっているかというと違います。

例えば、下半身は緩いけど、上半身はカチカチ。

など、身体の部位によって全く違います。

そして、人によって全く違います。

これを見極めて、どの部分を緩ませるのか?強化するのか?伸ばすのか?をやっていきます。

まとめ

そうすることで、身体全てが繋がり自分の身体を自由自在に使えるようになります。

腰痛などの痛みが出なくなる理由が分かりますよね。

痛みを自分で消せるように身体を作っていく感じです。

もうめちゃくちゃ面白い!!

僕の身体も3日目にして変わってきたのが分かります。

さぁまだまだ身体変えていきますよ。

そしてRYTが終わった頃にはみなさんにも体感してもらえるようにしっかり学んでいきます!

明日も楽しんで生きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です