RYT200-8日目〜骨格の話〜

こんばんは!たじです。

今日は骨格の話。

これ衝撃受けた話です。

うまくまとめれるかわかりませんが、話していきますね。

人によって足の長さが違う

これ結構当たり前ですよね。

足の長さの中でも種類があるんですよ。

例えば、足の付け根(腰の部分)から膝が長い人。

膝から下が長い人。

こういう2タイプが存在します。

だから人によって違う

例えばこの写真。

よくあるストレッチです。

これ身体硬いと言って無理矢理膝を押したり、背中押したりしていませんでしたか?

でも、実はこれ足の長さによって、ペタッといける人とそうでない人がいるのです。

プラブジいわく、足の付け根から下と、膝から下の長さが一緒な人は、ペタッといける。

とのことなんですよね。

そしてその証拠がこれ。

上下の足の長さを同じにします。

足首からカットです。

カットはできないので重ねます。

するとどうでしょう?

みて!

わーい!ペタッといきました。

この状態であれば、股関節や背中に問題はないみたいです。

どうでしょう?

これを分かっていない場合、無理に身体を押して結果、怪我に繋がります。

びっくりですね。

こんなことをたくさん教えてもらっています。

知ることで、普段の身体にも活かせるのはもちろん。

アスリートにもすごく大切な情報です。

まとめ

まず前提を理解しましょう。

人の身体は十人十色。

みんな同じ骨格をしていることはありえません。

なので、一人一人の身体に合わせたトレーニングやストレッチが必要となります。

さて、次回はこれまたおもしろい骨格の話。

まだ仮説段階ですが、非常に興味深い骨格に関する話です。

それでは明日も楽しんで生きましょう!

身体に合わせたトレーニングや食事を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です