身体に悪い食べ物、食材ってあるの?

こんばんは!たじです。

食品の裏の表示を見て買うもの買わない物を決める。

という話をしてきました。

でも

そもそも身体に悪い食べ物や食品を売ってるなんておかしくない?

そう思いませんか?

僕はそう思ったんですよね。

そこで今回はその悪者になっている食品添加物の種類。

一体どういう種類の添加物があるのか?使われているのか?

これについて考えていきたいと思います!

一緒に考えていきましょう!

裏の表示の謎

例えば、このシャケのおにぎりの裏の表示!

食品添加物の表示的には調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシンとありますね。

3種類しか入ってないので他のおにぎりよりは添加物が少ないと感じますよね。

その他、例えば辛子明太子おにぎりにはいっぱいいいい入ってます!笑

まだシャケのおにぎりの方が添加物が少なくていい感じですよね。

あなたが買うならシャケですか?

でも実はシャケのおにぎりも3種類の食品添加物だけではありません!

少なく見積もって6種類、多ければ10種類以上の食品添加物が使われている場合があります。

ん?なんで?

と思いました?

さあここからが本題!!!

一括表示というトリック!

一括表示とはいくつかの食品添加物を一括で表示すること!

同じ目的のために使われているのであれば、一括で表示しても良いと食品衛生法で定められているのです。

おお〜素晴らしくいい制度!笑

あなたが裏の表示を見ても怖くならないようにしてくれていますね!笑

pH調整剤

例えば、pH調整剤

「これなんやねん!」ってなりますね!

分かる方は食品添加物マスターです。

そして、なんやねん!ってなるけど別に調べんでしょ?

ほんでこれ見て「ああ〜pH調整剤ね〜」ってなる人おらんでしょ!笑

これ簡単に言うと食品の変質、変色を防ぐものですが、一つの食品添加物の名前では無いんですね。

大体、4つ~5つの添加物が含まれた添加物の集合体です!

イメージは色んなものを吸収したドラゴンボールの【セル】みたいな感じですかね。

色んな人間と人造人間17号と18号を吸収して完全体セルになるのですが、【田中さん佐藤さん人造人間17号、18号吸収体完全版セル】

と言うのはめんどうなので、【完全体セル】って言ってしまおうみたいな感じ。

伝わるかな〜。

比べてみてほしい!

これを見てください!

上の表示と下の表示を比べて見てほしいんですよね。

上が、【田中さん佐藤さん人造人間17号、18号吸収体完全版セル】バージョン

下が、【完全体セル】バージョン

どうです?

上やと「え、これ食べて大丈夫なん?」てなりません?

化学記号のカタカナが大量に並んだ表示のおにぎりと一括表示されたおにぎり。

なんだかな〜て感じですね。

こんな風にできている

お客さんから見るとpH調整剤とだけ書いてあって身体にも悪い感じのしない一括表示おにぎり。

企業的にはpH調整剤とだけ表示すれば良いから楽な一括表示。

低価格で売れる売れる!

このおにぎりをみんな食べているわけですね。

表示は自由

さらにすごいのは、一括表示には仕様基準がないこと。

なのでpH調整剤の一括表示では何種類の添加物がどれくらい使われているのか、私たち人には全くわからないということです!

まとめ

1種類の表示でも一括表示というトリックで、実際には何種類もの添加物が入っている。

お客さんは変な物を食べていると後悔しないようにしながら。

企業側は楽して低価格で大量につくる。

そうやって物が売れていく。

たった一つの一括表示でも色んなことを考えさせられます。

食べるのも自由、食べないのも自由です。

それぞれが自分に合った選択をしていきましょうね!

それでは明日も楽しんで生きましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です