ほんとに子どもたち練習やりたがってる?

こんばんは!たじです。

ようやく、キッズサッカー教室再開できそうです!

今日はリオペードラ加賀で意識している子どもたちの心へアプローチの仕方の話していきます。

リオペードラ加賀の特徴としてあるのが、大人が子ども達に無理矢理させない事。

これはサッカーだけでなく、体操や福祉、学童でも同じです。

なぜ、無理矢理やらせないのか?

これについてのお話です。

無理矢理がなぜだめなのか?

いつも通り結論から言います。

無理矢理させても何も意味ないからです。

言葉だけ聞くと、『そんなん当たり前やん』って思いません?

だけど、これスポーツの現場や学校教育でめちゃくちゃ起こってますよ。

現場

例えば

練習中に何人かの選手が角でずっと喋ってます。

その時に大人ができるアクションが2つ

①『おい!何してんねん!練習しろ!』怒る

②『練習せんのかー?』諭す

あなたならどうしますか??

よく見るシーンはどんなのですか?

実際経験ある方もいると思います。

①の怒られるに。

僕も選手時代経験があります。

監督おらんから、みんなで練習サボってたら、監督が実は隠れて見てて…みたいな

けど、これってよく考えるとおかしいですよね。

練習って自分の為にしてるのに、監督おらんからサボってるって。

ほんでサボって怒られるって。笑

僕の答え

僕はこういう時は何も言わなかったりします。←③です。笑

ずるいって?駆け引きです。

でも、リオに出会わなかったら、僕は絶対①の行動を取ってましたね。もしくは②

練習させたいから怒るか、諭すか。

なんで何も言わない?

なぜ何も言わないのかって?

練習ってなんの為にやってるん?

好きで始めたサッカーなのに、気が付いたら監督に怒られるから、走らさせるから練習してるみたいなね。

この現象まだまだ日本にあると思ってます。

だから僕はあえて何も言わない。

練習したい選手がすれば良いし、したくない選手は別にしなくていい。

何も言わないわけではない。笑

だけど、伝えます。

「ここに何しに来てんの?」って。

そうすると子ども達は『ハッ』とします。

子どももわかってる

そうなんです。

練習って自分が上手くなる為にするもんなんです。

なぜか?

上手くなって試合で勝ちたい!

上手くなるったら楽しい!から

当たり前ですよね。

忘れてはいけない

この当たり前を忘れてしまっている人も見かけます。

これを忘れちゃいけないと思います。

だから、いかに子ども達が『うまくなりたい!』『活躍したい!』て思いながら練習できるかどうか。

これが大事です。

ここへのアプローチが【うまくなる練習】と【やらされてる練習】の違いを生み出します。

それについてはまた次回お話していきますね。

それでは、明日も楽しんで生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です